エイジングには必須!~見た目維持能力を徹底調査!

この実験の順位はこちら!▼

TEST1

お肌の見た目維持能力実験

  1. 肌にマジックで円を描くようにマーキングした後、その円の中に敏感肌用化粧品を塗ります。

  2. 化粧品を塗ってから肌に馴染むまで、時間を置きます。

  3. 円の中にマジックでしるしを書きます(外部刺激の代わり)

  4. マジックで書いたしるしを、コットンで軽く拭いて、その落ち具合を検証します。

結果

アヤナスの結果

ディセンシア/アヤナスシリーズ

アヤナスの結果

驚くことに、油性のマジックで付けた外部刺激がキレイに落ちました。念のためまわりに付けた円も拭いてみましたが、当然落ちません。ディセンシアのアヤナスは敏感肌のバリア機能をとても高めてくれているようです。売りにしている特許技術のバリアが効いているんですね!

dプログラムの結果

資生堂/dプログラムシリーズ

dプログラムの結果

アヤナスほどではないですが、資生堂のdプログラムも、少し外部刺激が残る程度で落ちました。よく見るとうす~く残っているのが見えますが、油性インクということを考えると、かなり優秀かも。

イプサの結果

イプサ/ザタイムリセットシリーズ

イプサの結果

イプサは「全体がうすく落ちた程度」化粧品を塗ってから他のものと同じ時間置いておいたのですが、ペンで書いたときに滑ってしまう程オイリーだったにも関わらず、外部刺激が化粧品を通りこして肌まで来てしまったようです。

オバジの結果

オバジ/ダーマエラスティックXシリーズ

オバジの結果

オバジの結果は、全体的にうすく残ったものの「落ちている」と言って良い結果だったと思います。ただ、肌についてしまった部分はかなり強くこすっても落ちず、外部刺激が肌の中まで入ってしまう程度の保護。

ヴェレタの結果

ヴェレタ/ざくろシリーズ

ヴェレタの結果

ヴェレダは塗ってから、まるで素肌のような使い心地で、ペンで印をつける際も、何もつけていないような感じだったのですが、結果としては「全く落ちない」という感じ・・・。オーガニックは肌に優しいイメージですが、敏感肌のバリア機能を高めるという意味では向かないのかも。

▲ページトップへ

エイジングケア実験 ~見た目維持能力ランキング BEST3 ~

アヤナス

アヤナス クリーム コンセントレート

敏感肌の「見た目維持力」で、圧倒的に1位だったのがディセンシアの「アヤナス クリーム コンセントレート」。
キレイに外部刺激の油性マジックが落ちました!!バリア機能が弱い敏感肌をしっかり守ってくれる化粧品のようです。
しかも、他のアイテムと圧倒的に違ったのは塗ったあとにもまったくベタつかなかったこと。2位と3位の化粧品は落ちはしたのですが、やっぱり肌を保護するためか油分が多くてベタつきを感じました。しかし、ディセンシアのアヤナス クリーム コンセントレートはベタつきが無くて、しかも、外部刺激からの保護力が一番高かったので、この結果には正直ビックリでした。

ディセンシア/アヤナス クリーム コンセントレートをチェック!

アヤナス クリーム コンセントレート

資生堂

2位は資生堂の「dプログラム・パワーバイタルソリューション」

敏感肌にも優しい使い心地で、1位の化粧品ほどではないですが、試した中では優秀でした。塗ったあとのベタつき感は、敏感肌を守ってくれていると思えば、及第点というところでしょうか。

オバジ

3位はオバジ「ダーマエラスティックXリフトクリーム」

こちらも肌バリアのためのオイリーなのか、ベタつきがありました。しかも、1位と2位の化粧品よりかなりインクが残ってしまっていましたが、結果としては3位。お値段を考えると・・・どうだろう?

健康的なお肌の条件である、水分量と脂分のバランスを保ってくれるエイジングケア化粧品を発表します。お肌の様子を検証するために、スキンチェッカーを用いました。その数値で効果を検証!お肌の健康状態を守ってくれる化粧品はどれ!?

▲ページトップへ