アトピー肌のスキンケア法

アトピー肌にいい、スキンケアって?

アトピー肌は、乾燥が激しく、かきむしってしまい皮膚が炎症を起こしている状態です。だから、通常のスキンケアだと足りないことが多いのですが、逆に過剰な気にし過ぎで、危険なケアをしてしまうことも…!もともとアトピー肌の人、最近悪化してしまった人、再発してしまった人など、スキンケアに悩みを持っている人も多いはず。では、アトピー肌にはどんなスキンケアが効果的なんでしょう?毎日のお手入れから、超敏感になってしまった時のお手入れまでをご紹介!

スキンケアマニュアル

毎日のスキンケア

お風呂・洗顔タイム

アトピー肌は、乾燥が激しく、皮膚を守っているバリア機能が大変弱ってしまっています。ですから肌の水分は蒸発しやすく、皮膚は乾燥しやすい状態です。また、汗や皮膚の雑菌が荒れた肌に更なる炎症をもたらしてしまうのです。
アトピー肌は、清潔に保つことが鉄則!毎日必ず、シャワーもしくは入浴をしましょう。もちろん身体を硬いタオルでゴシゴシこすることはタブーですし、肌の状態がひどい時は、手で身体を洗うようにしてもいいでしょう。洗顔料やボディーソープも、刺激が強いものは避け、優しく洗います。おススメは、ムダな成分は避けてつくられた、石鹸です。
入浴後も、水分が蒸発しやすいため、すぐに保湿剤を使用しましょう。

朝のお手入れ

眠っている時は汗や分泌物が出ていて、朝の肌は思った以上に汚れています。
アトピー肌には清潔が鉄則なので、毎朝丁寧に洗顔することが大切。石鹸などをよく泡だて、優しく顔を包むように洗いましょう。
化粧水をつける時の注意点は、コットンは使用しないこと。コットンの線維が肌にひっかかってしまい、肌に負担をかけてしまう恐れがあります。清潔な手で、押さえるようにつけていきましょう。
そして、保湿は忙しい朝でも、しっかりと時間をかけて行うことが大切です。化粧水でたっぷりと水分を与えたら、美容成分が入った美容液を馴染ませ、次にしっかりとクリームなどでフタをします。肌に余計な成分を与えないよう、低刺激のものを選びましょう。

ディセンシア つつむフェイスクリーム

アトピー肌にオススメはこれ!
ディセンシア「つつむ フェイスクリーム」

「ヒト型ナノセラミド」で乱れた角層を徹底保湿!

アトピー肌に不足しがちな「セラミド」を補ってくれるのがつつむの「フェイスクリーム」。もともと人の肌にそなわっている「セラミド」と同じ構造をした「ヒト型セラミド」をナノ化して配合し、乱れた角層のすみずみまで浸透。
さらに、敏感肌状態を改善してくれる独自の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」を採用することで、花粉・ほこり等の外部刺激を徹底的にブロックし、肌内部を徹底的に保湿してくれるのでお肌が敏感な状態でも安心して使用することができます!敏感肌ブランドなので、肌に負担となるアルコールや合成香料は一切不使用です。

もう一歩進んでスキンケア

メイクタイム

アトピー肌でも、メイクをしなければいけないのが、女性の辛いところ。一番は、メイクをしない方が肌にとってもいいのですが、薄くても、しっかりメイクに見える方法をご紹介します。
ファンデーションは、刺激の強いものですと痛みを伴い、日中も辛い目に。なるべくしないか、低刺激のものを選びましょう。
そして、ノーメイク感を相手に与えないために、パーツの輪郭を書くことがキモ。アイラインやリップなどをくっきり見せ、ノーメイク感を打破しましょう。そして、落ちにくいものを選ぶことがコツです。特に口紅やルージュは、顔がくすんでみえないように、派手すぎない、明るい色のものがいいでしょう。
あとは、マスカラはしっかりと。アンバランスにならない程度なら、ノーファンデにつけまつ毛もアリです。
肌を傷めるメイクよりも、肌に負担をかけない部分をハッキリ明るめに仕上げることが大切です。

日焼け止めは

日焼けとは、紫外線による皮膚の炎症のこと。アトピー性皮膚炎の人は、特に肌がデリケートになっていますので、日焼けには最善の注意を払わなければいけません。
最近では「敏感肌用」「アトピーでも安心」などと表示された日焼け止めがありますので、とにかく低刺激のもの選びましょう。
しかし、こまめに日焼け止めをつけることによって肌が乾燥しやすくなり、ダメージを受けやすくなってしまいます。
基本は、日焼け止めをこまめに塗らなくてもいいように帽子や日傘、白めの上着などで紫外線対策を行いましょう。
また、肌の状態によっては、日焼け止めの使用が制限されますので、日焼け止めを選ぶ前に、医師に相談することをおススメします。

日中の対策

アトピー肌には、日中でも対策が必要です。特に肌がデリケートに、乾燥しやすくなっていますので、いつでも保湿剤を持ち歩くことをおススメします。特にエアコンのきいたオフィスや店内での仕事は肌を乾燥させてしまいます。
そんな日中の肌を潤すためにも、「日中用」「デイクリーム」などの表示のあるもので、低刺激のものを選びましょう。日中というと、香りも気になりますよね。「我慢できる」くらいのきつい香りの薬用の保湿剤は、日中は避けたほうがいいといえます。
「敏感肌用」と表示のあるデイクリームで、持ち歩きやすいチューブタイプやミニサイズのもので、香りの少ないものを選びましょう。

寝る前のお手入れ

帰宅したら、まずはすぐにメイクを落とすようにしましょう。クレンジングをメイクになじませ、ぬるま湯で何度も洗い流します。アトピー肌は油分が少ないので、ぬるま湯で何度か洗って落ちる程度でしたら、洗顔料は使用しない方がいいでしょう。
洗顔が終わったら、すぐに保湿です。清潔な手に化粧水をなじませ、顔をやさしく押さえるようにつけていきます。ケアの最後は、水分が逃げないよう、クリームなどでフタをします。
週に2~3回の保湿パックもおススメです。コットンやフェイスマスクに保湿成分をしっかりと馴染ませたもので、3分間ほどパックをしましょう。
寝る前にも、もう一度クリームをつけると、翌朝まで肌の潤いが持続します。

とくに敏感なときのお手入れ方法

超敏感なときはどうしよう?

アトピー肌が超敏感になってしまった時、気をつけることは「肌に負担をかけないこと」と、「保湿をしっかりと行う」ことです。
アトピーがひどい時ははっきり言って、どんなに高価なスキンケア用品を使用しても、おさまりません。
とにかく清潔にして負担をかけず、保湿をし続けるしかないのです。保湿剤もよく浸透して、長時間潤いを保てるものを徹底して選びましょう。乾燥を防げれば、ある程度のかゆみも防げます。
あとは、神経質になりすぎないことです。神経質になってしまうことは仕方のないことなのですが、ストレスにより悪化してしまうこともあるのです。超敏感な時ほど、無理をしてでも気にしないようにしましょう。

このサイトをご監修いただいている先生

サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 院長松本歩 先生

所属学会

日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
日本レーザー医学会
日本抗加齢美容医療学会
日本香粧品学会

経歴

愛知医科大学 医学部 卒業
愛知医科大学 医学部付属病院 皮膚科 勤務
愛知県厚生連海南病院 皮膚科 勤務
札幌市内 皮膚科・美容皮膚科 勤務
サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 開院

また、ご活躍されている内容がホームドクター、オントナ(北海道の女性生活情報紙 オントナ[ontona])、医療新聞社、美STなど、雑誌やメディアでご紹介されています。

サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 公式ホームページ

雑誌・メディアでのご紹介記事はこちら

クリップ

サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 院長松本歩 先生

少しでも改善したい!正しいアトピーのスキンケア方法を紹介します。毎日のお手入れ、ひと手間のケアで肌はかわります!

▲ページトップへ