肌への負担を抑えてメイクを落とすクレンジング

ドクター

サッポロファクトリー皮フ科・
スキンケアクリニック 院長

松本歩 先生

洗顔、クレンジング、保湿…。スキンケアの中で、肌にダメージを与えやすいのが、このクレンジングだということをご存知ですか?クレンジングの目的は「メイクを落とす」ことです。化粧品は日々進化し、より崩れにくい商品が次々と開発されています。
しかし、崩れにくいというメリットの裏側には、落としにくいというデメリットも。この落としにくいメイクを落とすクレンジング剤は、強い洗浄力を持つため、肌表面の皮脂も根こそぎ落としてしまうため、敏感な肌には特にダメージを与えやすいと言われているのです。
だからこそ、正しいクレンジング方法できちんとメイクを落とすことが重要なのです。

こんなクレンジングはNG!

メイクをしっかり落とそうとするあまり、過剰にクレンジングをしたり、時短を目指して中途半端にスキンケアを終わらせようとするあまり、間違ったクレンジングをしているケースが多いようです。敏感な肌を守るためにも間違ったクレンジングをしていないかチェックしましょう!

クレンジングのみで
洗顔を終わらせる

化粧品には油分が含まれています。そのため、メイクを落とすクレンジング剤には多くの場合、油分が含まれています。クレンジングだけで洗顔を終わらせると、顔に油分が残って毛穴つまりの原因に。かゆみが出るなどのトラブル発生の原因にもなるため、避けましょう。

時間をかけすぎる

クレンジング剤は落としにくいメイクを落とすために強い洗浄力を持っています。時間のかけすぎは、メイクだけでなく、肌表面の角質層まで落としてしまう可能性が!クレンジングは、1分程度で終わらせるように心がけましょう。

洗浄力の強い
クレンジングを使う

ただでさえ強い洗浄力を持つクレンジング剤。メイクを完璧に落とそうとするあまり、過剰に強いクレンジング剤を使うことは敏感肌の方にとっては悪影響しか与えません。メイクの分子は大きいので、肌に浸透しません。少しくらい残っていても大丈夫。その後の洗顔で落ちます。

マッサージを
しながら落とす

マッサージは血流を促進し、老廃物を流してくれる効果が期待できますが、クレンジングの際に行うのは考えもの。メイクも落とせて一石二鳥にも見えますが、マッサージをする分時間がかかり、肌にダメージを与えてしまいます。

メイクをきちんと落とすためにと、毎日してしまっていたNGクレンジング項目はありませんでしたか? これ以上肌に負担をかけないために、正しいクレンジング方法をご紹介します!

正しいクレンジングイメージ

基本の正しいクレンジング方法

敏感肌にとって、ダメージを受けやすいクレンジング。クレンジング方法を見なせば、乾燥や刺激などのトラブルを改善できるかもしれません。コツは多めのクレンジング剤で、こすらず時間をかけずにメイクを浮かすことですよ。

基本のクレンジング

STEP1

すべてのメイクを一気に落とそうとしていませんか?落ちにくいアイメイクなどは先にポイントメイクリムーバーなどで落としておくのも肌に負担をかけない上手なクレンジングです。手のひらで顔全体に伸ばし、短時間でなじませます。

基本のクレンジングイメージ

基本のすすぎ

STEP2

クレンジングは油分が含まれている場合が多いため、ぬるま湯だけで落としきることは難しいでしょう。その油分や少量のメイクはその後の洗顔で落ちるため、ぬるつきがなくなるまですすげばOKです。

基本のケア

STEP3

クレンジングが終わったら、しっかり泡立てた洗顔料でクレンジング剤と残りのメイクを落としましょう。クレンジングは、軽いメイクの日なら洗浄力の弱いものを、落ちにくいしっかりメイクの日ならそれなりの洗浄力のものを使うなど、上手に使い分けましょう。

基本のケアイメージ

サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 院長松本歩 先生

所属学会

日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
日本レーザー医学会
日本抗加齢美容医療学会
日本香粧品学会

経歴

愛知医科大学 医学部 卒業
愛知医科大学 医学部付属病院 皮膚科 勤務
愛知県厚生連海南病院 皮膚科 勤務
札幌市内 皮膚科・美容皮膚科 勤務
サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 開院

サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 公式ホームページ

クリップ

【PR】敏感肌スキンケア完全ガイド
おすすめクレンジングはコレ!

スキンアップ リキッドクレンズ

敏感肌用なのにメーク落ちがすごく良い優等生。ウォータープルーフのマスカラもするりとオフできます。独自の敏感肌対応処方で、エイジングケア・透明感・保湿の美肌効果があるのも嬉しい。
(120ml ¥2,500/ディセンシア)

スキンアップ リキッドクレンズ

クレンジングはスキンケアの中でも肌にダメージを与えやすいステップ!医師監修の正しいクレンジング方法を学び、敏感肌を優しくケアしましょう。 ここでは基本のクレンジング方法を、NG例をあげながら詳しく解説します。

▲ページトップへ