乳液ってどんな役割をもっているの?

ドクター

サッポロファクトリー皮フ科・
スキンケアクリニック 院長

松本歩 先生

肌がベタつくから乳液は使わず、化粧水でスキンケアを終えるという方をたまに見かけますが、それだけでは肌に水分をキープさせるのは十分ではありません。
化粧水で潤した肌にフタをする役割がある乳液は、うるおいや有効成分をしっかりと閉じ込めてくれるのです。
乾燥しやすい敏感な肌には、しっかりと水分をキープさせる必要があります。さっそく正しい乳液の使い方をチェックしていきましょう。

基本の乳液の使い方

水分を閉じ込めてくれる乳液は、化粧水のあとに取り入れたいアイテム。しかし、T ゾーンなどのテカリがちな部分には少なめにつけたり、脂性肌寄りの敏感肌の方はさっぱりめの乳液を選ぶなどの工夫をしてもよいでしょう。朝はメイク崩れを防ぐためにさっぱりとした乳液、夜はしっかり水分を閉じ込めるためにこってりめの乳液を使うなど、目的に合わせて異なるタイプの乳液を選ぶのもおすすめですよ。

基本の乳液の量

STEP1

油分を含む乳液。効果を期待するあまり、つけすぎる人がいますがそれは逆効果。かえって毛穴のトラブルを招きます。使用目安量から大幅にずれないように調整しましょう。

基本の乳液イメージ

鉄板の乳液のつけ方!

STEP2

乳液はさらさらしているタイプのものが多いので、顔全体にムラなくつけるためには手のひらで伸ばしてからつけるのが効率的。カバーしたり口元や目元はこすらないように重ね付けしましょう。

乳液完了の目安は?

STEP3

乳液をつけた直後は油分で顔がツヤツヤしているはず。しばらく手で押さえ、ツヤツヤ感がなくなってきたら乳液の美容成分が肌にいきわたったサインです。すぐに次のステップに進んでしまうと、乳液の油分ではじかれてしまうので、浸透のサインが出るまで待機!

乳液完了イメージ

【PR】敏感肌スキンケア完全ガイド
おすすめ乳液はコレ!

アヤナス エッセンス コンセントレート

敏感肌女性からの支持を集めるディセンシアのアヤナスシリーズの濃密美容液。エイジング現象の原因の一つと言われる「糖化」に着目して開発されました。「攻めのケア」と「守りのケア」の両立で敏感肌でも安心して使えるのが嬉しい美容乳液です。
(36g ¥8,100(税込)/ディセンシア)

アヤナス EV エッセンス

こんな乳液の使い方はNG!

しっかり水分をキープしようとするあまり、乳液を塗りすぎたりこすりつけたりするのはNGです。揺らぎやすい敏感肌を上手にコントロールするために、まずはNGとなる使用方法を見てみましょう。

テカリがちな箇所にもたっぷり塗る

乳液は化粧水とは異なり、油分を含んでいます。もともと皮脂の出やすいTゾーンに乳液をたっぷりと塗ってしまうと毛穴がつまりニキビや吹き出物、毛穴の黒ずみなどの肌トラブルを招きます。ニキビのできやすい方は、クリームは仕様しないで美容液やジェルなどの水溶性成分の毛用品を使う方が良いでしょう。

1日に3回も4回も塗る

1日に何度も乳液も使用することは肌に過剰な油分を与えることに。肌に油分が多いと、肌が皮脂過剰だと勘違いして皮脂の分泌を抑制してしまうおそれが。肌のバリア機能を崩さないために、日に何度も塗るのは避けましょう。

強い力ですり込む

乳液の有効成分を浸透させたり、隙間なく肌に密着させたいからといって強い力で乳液はすり込むのは肌を摩擦し、負担を与える原因になってしまいます。肌への摩擦は肌トラブルになることも。

どんなに優秀な乳液でも、使い方を誤ると肌にとっては逆効果。自己流の間違った乳液の使い方はすぐにやめて、肌に合った正しいケアをしてあげましょう。

イメージ

サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 院長松本歩 先生

所属学会

日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
日本レーザー医学会
日本抗加齢美容医療学会
日本香粧品学会

経歴

愛知医科大学 医学部 卒業
愛知医科大学 医学部付属病院 皮膚科 勤務
愛知県厚生連海南病院 皮膚科 勤務
札幌市内 皮膚科・美容皮膚科 勤務
サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 開院

サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 公式ホームページ

クリップ

敏感肌の方は乳液のつけ方にも注意が必要!医師監修のもと、乳液の役割を詳しく解説。乳液の機能を最大限発揮させる正しい使い方を、間違いの多いNG事項を挙げながら詳しく解説します。敏感肌の方必見の乳液活用テクニックです。

▲ページトップへ