化粧下地って重要!化粧下地の役割とは?

ドクター

サッポロファクトリー皮フ科・
スキンケアクリニック 院長

松本歩 先生

化粧下地を使うとベタついてファンデーションがよれてしまう…。厚塗りをしているように見えてしまうので化粧下地を使いたくない…。そう思っている方も多いのではないでしょうか。
そもそも、なぜ化粧下地が必要なのか?その機能について着目してみましょう。女性にとってかかせないファンデーション。化粧下地の役割は、ファンデーションの負担から肌を保護し 、ファンデーションの密着性を上げて持ちを良くすることです。
そもそも、ファンデーションには多くの場合、肌への密着度やカバー力を上げるため、合成界面活性剤などの化学物質がつかわれています。美しく仕上げてくれる効果の反面、肌への刺激になり、また強力なクレンジングが必要になるため肌に負担をかけるのです。
化粧下地はこれらの負担から肌を守り、その他にも毛穴やキメの乱れを整えたり、肌の色を均一に調整できるタイプもあります。
重要なのは肌を保護してくれるという点。ファンデーションが毛穴に直接入り込むのを防ぎ、トラブルを回避してくれるのです。

こんな化粧下地の使い方はNG !

うまくファンデーションがのらず化粧下地に苦手意識を感じている方はこれからあげるNG事例にあてはまる点がないかチェックしてみてください。ちょっとした改善をするだけで化粧下地の重要性に気づけるかもしれませんよ。

強く塗り込む

毛穴やキメの乱れをカバーしたいからといって、肌へこすりつけるように肌塗ったり、くすり込むのは肌を摩擦し、ダメージを与えてしまいます。

使用量を守らず塗る

ベタついてしまうと感じている方に多いのが、使用量が目安よりも多いこと 。メーカーの規定使用量を守って手のひらにとり、顔全体に伸ばしてムラなく均一になるように塗りましょう。

ムラや塗り残しがある

化粧下地は薄く、顔全体に均一に伸ばすことで、その後のファンデーションのノリをよくします。丁寧に塗り残しのないよう細かいところまで指先を使って塗っていきましょう。

化粧下地を制する者はメイクを制す!上手に化粧下地を使いこなせれば、1日中化粧崩れなしの美肌を保てます!化粧下地の正しい塗り方をチェックしていきましょう。

イメージ

基本の化粧下地の使い方

メーカーが指定する規定量がしっかりと守り、手のひらに取って体温と同じ程度になるまで温めましょう。指先で顔のポイントごとに点々とおいていき、顔の中心から外側に向かってやさしく伸ばします。塗り残しに注意しながら、目元や口元は薄く伸ばしましょう。化粧下地を塗った後、しばらくたってからファンデーションを塗るのがうまく仕上げるコツ。化粧下地の後、肌がベタベタしなくなったらファンデーションを塗り始めるとよいでしょう。時間がないときは軽くティッシュオフするのもおすすめです。

基本の化粧下地の量

STEP1

化粧下地は肌色を調整し、ファンデーションのノリを助けてくれるもの。塗りすぎは禁物です。メーカーが指定する規定量がしっかりと守り、手のひらに取って体温と同じ程度になるまで温めましょう。

基本の化粧下地イメージ

鉄板の化粧下地のつけ方!

STEP2

指先で顔のポイントごとに点々とおいていき、顔の中心から外側に向かってやさしく伸ばします。塗り残しに注意しながら、目元や口元は薄く伸ばしましょう。

化粧下地完了の目安は?

STEP3

化粧下地を塗った後、しばらくたってからファンデーションを塗るのがうまく仕上げるコツ。化粧下地の後、肌がベタベタしなくなったらファンデーションを塗り始めるとよいでしょう。時間がないときは軽くティッシュオフするのもおすすめです。

化粧下地完了イメージ

サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 院長松本歩 先生

所属学会

日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
日本レーザー医学会
日本抗加齢美容医療学会
日本香粧品学会

経歴

愛知医科大学 医学部 卒業
愛知医科大学 医学部付属病院 皮膚科 勤務
愛知県厚生連海南病院 皮膚科 勤務
札幌市内 皮膚科・美容皮膚科 勤務
サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 開院

サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 公式ホームページ

クリップ

【PR】敏感肌スキンケア完全ガイド
おすすめ化粧下地はコレ!

オールデイ クリアブライト ベース

独自技術により水系の保護膜を形成。角質層を潤いで満たすと同時に、カサつき・キメの乱れ・くすみが目立つ肌を明るくなめらかに整えます。
(30g ¥4,500/アクセーヌ)

オールデイ クリアブライト ベース

敏感肌の方がやってしまいがちな化粧下地の間違った使い方をNG集としてあげて紹介します。医師監修のもと、化粧下地を正しく使うことの重要性を詳しく解説し、敏感肌に適した化粧下地の正しい塗り方を紹介しています。

▲ページトップへ