そもそも、日焼けや紫外線はどうして肌に悪いの?

ドクター

サッポロファクトリー皮フ科・
スキンケアクリニック 院長

松本歩 先生

肌にダメージを与える紫外線は、UV-AとUV-Bに分けることができます。地上まで届く紫外線の約95%を占めるUV-Aは肌の奥の真皮にまで到達し、細胞を破壊。その影響で肌はハリを失い、シワやたるみを引き起こします。
また、UV-Bにはシミの元となるメラニン色素を作り出すメラノサイト活性化させるなどの作用があります。UVAは5月にピークを迎えますが、実は冬でもその半分程度の量は肌にとどいているので注意が必要です。
一方で、UV-Bは表皮にダメージを与えます。
日焼けなどの軽い炎症を起こしたり、肌あれを引き起こす原因にも。UV-Bのピークは4月から9月にかけて。冬には夏の1/5程度になり、季節による変動が大きいのが特徴です。
いずれにせよ、敏感肌のトラブルの原因になりかねない紫外線への対策は1年を通してしっかり行うのが望ましいでしょう。
そこで活躍するのが日焼け止め。パッケージを見ると、SPFとPAという表示があります。SPFはUV-Bを防ぐ指数、PAはUV-Aを防ぐ指数だということをご存知ですか?
SPFは約20分間何もつけていない素肌が日焼けを始めるまでの時間を何倍伸ばせるかという効力を示したもの。
たとえば、SPF30の日焼け止めの場合、20分×30=600分=10時間。10時間UV-Bを防げるというわけです。そしてPAは+の数が多いほど高いUV-A防御効果があることを示しています。
日焼け止めはこれらの指数の高いものを使えば安心、というわけではありません。防御効果の高いものは、その分お肌に負担をかけてしまいます。
敏感肌の人にありがちな間違った使い方を見ながら、日焼け止めの正しい使い方を学んでいきましょう。

こんな日焼け止めの使い方はNG!

毎日、日焼け止めを塗っているから自分の紫外線対策は万全!と思い込んでいませんか?実は日焼け止めの使い方には落とし穴がたくさん潜んでいるのです。デリケートな敏感肌をきちんと守るために、間違いやすい例を見ながら学んでいきましょう。

紫外線吸収剤を含んだ日焼け止めを塗る

紫外線吸収剤は、その字の通り、紫外線を分子の中に組み込んで、熱や分子構造を変化させエネルギーとして消費することで紫外線の害を肌に直接与えないようにした日焼け止め。敏感肌の人にとっては、この化学変化が肌荒れの原因になる可能性があります。

素肌に直接日焼け止めを塗る

紫外線防御効果のある日焼け止めは効果がある反面、肌にも刺激を与えます。素肌に直接日焼け止めを塗ると、かゆみや赤みの原因になる可能性が。スキンケアをきちんとした上で肌を保護し、日焼け止めを塗りましょう。

基礎化粧品を塗った後、すぐに日焼け止めを塗る

基礎化粧品には肌を健やかな状態に整える効果があります。日焼け止めには、紫外線から肌を守るという役割が。基礎化粧品が肌になじまないうちに日焼け止めをすぐにつけてしまうと、両方の効果が薄れてしまいます。

毎日つける日焼け止めだからこそ、成分にはこだわり、敏感肌を刺激しないものを選びたいですね。紫外線の影響を少しでも減らすために、正しい使い方を見ていきましょう!

イメージ

これが正しい日焼け止めの使い方!敏感肌は要チェック!

いつも塗っている日焼け止めの量はどれくらいですか?適当に目分量でパパっと塗っていませんか?日焼け止めは、メーカーが指定した量を正しく塗り広げることで表示された効果を発揮します。まず、パール2個分くらいを手に取りに、額、鼻、あご、両頬に置いていきます。塗り残しのないように均一に塗り広げましょう。まぶたや鼻の近くも丁寧にこすらないようにして塗ります。指先で押さえるようにつけると良いでしょう。忘れがちなのはうなじや耳の後ろ、あごの下やデコルテ。地面からの反射で焼けやすい部分でもあるので、忘れずに対策を。時間がたつと、汗や皮脂で流れたり、服でこすって落ちるなど、日焼け止めの効果が落ちてしまうため、2~3時間おきに塗りなおすと表示通りの効果が得られますよ。

基本の日焼け止めの量

STEP1

いつも塗っている日焼け止めの量はどれくらいですか?適当に目分量でパパっと塗っていませんか?日焼け止めは、メーカーが指定した量を正しく塗り広げることで表示された効果を発揮します。

基本の日焼け止めイメージ

鉄板の日焼け止めのつけ方!

STEP2

まず、適量を手に取りに、額、鼻、あご、両頬に置いていきます。塗り残しのないように均一に塗り広げましょう。まぶたや鼻の近くも丁寧にこすらないようにして塗ります。指先で押さえるようにつけると良いでしょう。忘れがちなのはうなじや耳の後ろ、あごの下やデコルテ。地面からの反射で焼けやすい部分でもあるので、忘れずに対策を。

日焼け止め、その後の正しい対応!

STEP3

時間がたつと、汗や皮脂で流れたり、服でこすって落ちるなど、日焼け止めの効果が落ちてしまうため、2~3時間おきに塗りなおすと表示通りの効果が得られますよ。

日焼け止め完了イメージ

このサイトをご監修いただいている先生

サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 院長松本歩 先生

所属学会

日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
日本レーザー医学会
日本抗加齢美容医療学会
日本香粧品学会

経歴

愛知医科大学 医学部 卒業
愛知医科大学 医学部付属病院 皮膚科 勤務
愛知県厚生連海南病院 皮膚科 勤務
札幌市内 皮膚科・美容皮膚科 勤務
サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 開院

また、ご活躍されている内容がホームドクター、オントナ(北海道の女性生活情報紙 オントナ[ontona])、医療新聞社、美STなど、雑誌やメディアでご紹介されています。

サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 公式ホームページ

雑誌・メディアでのご紹介記事はこちら

クリップ

サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック 院長松本歩 先生

【PR】敏感肌スキンケア完全ガイド
おすすめ日焼け止めはコレ!

dプログラム スムージングサンブロック

汗や水に強くしっかりフィットして紫外線をカット。肌あれやカサつきも防ぎ、みずみずしくうるおう肌を保ちます。専用クレンジング不要。
(30g ¥3,000/資生堂)

dプログラム スムージングサンブロック

敏感肌の方が陥りがちな日焼け止めの間違った使い方をNG 集として紹介します。間違った日焼け止め使用方法や紫外線が及ぼす影響を、医師監修のもと詳しく解説。敏感肌に適切な日焼け対策を、具体例をあげて紹介します。

▲ページトップへ