急に乾燥肌や敏感肌に…
その原因とは?

敏感って何?そういうこと?

敏感なお肌で悩んでいませんか?そう聞くと、約7割の方が敏感だと感じているようです。かなり多い割合で敏感肌だと思っているよう。
こんなに多い敏感肌なのに、じつはその定義はあいまいです。

乾燥が気になる、ニキビが気になるなど、色々な症状がありますよね。
乾燥というと、お肌のバリア力が低下し、刺激を受けやすいお肌の状態といえます。

お肌は表面に薄さ0.02mmの膜でお肌を守っています。これが角質と呼ばれるもの。

この角質が外部からの刺激からお肌を守るのと同時に、水分などをお肌に留める役割をしていますが、角質が荒れてめくれると、刺激に弱くなったり乾燥したりしてお肌がトラブルに見舞われやすくなります。
これが、敏感肌の状態です。

敏感肌の外的要因

角質が荒れてしまっている状態が敏感なのですが、原因がなくては角質が荒れることはありません。
原因があって、バリア力が衰えるのです。
その一つが外部からの要因。
その原因には次のようなものがあります。

  • 太陽からの紫外線
  • 衣服の汚れ、洗剤残り
  • 化粧品の刺激、お肌に合っていない化粧品の塗布
  • 洗顔料の刺激
  • 洗いすぎによる角質の傷
  • タオルやコットンなどでのこすりすぎ

それ以外にもたくさんの要因がありますが、まずは刺激を与えてしまうことがバリア力を低下させる原因になります。

敏感肌の内的要因

そして刺激と言えば内部からももちろんあります。状況や環境により体内が変化することが内的要因です。
その原因には次のようなものがあります。

  • 体調の変化によるホルモンバランスの変化
  • 遺伝体質
  • 年齢の増加
  • 内臓の老化、以上
  • 栄養バランスの乱れ
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 喫煙
  • 便秘

などなど。他にもありますが、外的要因に比べて実は内的要因の方が多いのです。
お肌は内臓を映すと言われるように、体が悪くなる時にはお肌にもそれが現れます。お肌が敏感になった時は、お肌のケアだけでなく。体自体もケアが必要です。
体の中から改善することが、敏感肌解決の一歩となります。

敏感肌さん必見!口コミNO.1敏感肌化粧品とは?

ディセンシア「つつむ フェイスクリーム」

敏感肌さんが不足しがちな水分をしっかり補ってくれるのがディセンシアの「つつむ フェイスクリーム」。濃密なクリームを塗ることでバリア膜を作り、敏感なお肌を外部刺激から守りながらも徹底的に保湿をしてくれます。敏感肌さんの強い味方になるクリームです!

ディセンシア「つつむ フェイスクリーム」

大丈夫?あなたのお肌の状態や環境。お肌がトラブルになる危険な状態とは?内的外的要因を知って、トラブル肌でも全体的に多いと言われるニキビや乾燥肌の原因を解明しましょう!

▲ページトップへ