ニキビの治療と
自分でできる対策

簡単にできる対策

できてしまったニキビ。触ってしまいませんか?気になるのはもちろんなんですが、触ることは絶対にいけません。手は意外と雑菌が多いもの。その雑菌がニキビから侵入するとさらに悪化してしまいます。

そして、隠してしまうために髪を下ろすこともやってしまいがち。ですが、その髪も手同様、雑菌が繁殖しています。絶対に髪がニキビにかからないようにしましょう。

ニキビは空気に触れさせることが治るために必要なのです。
そして、徹底的に保湿しましょう。
乾燥してしまうと、さらにニキビができてしまいます。きちんと朝晩の保湿でお肌の乾燥を防いで、お肌を潤わせておくことが、簡単にできて最大の対処法です。

ニキビの時のスキンケア

ニキビの原因は、油分、皮脂だと思っている大人はたくさんいます。思春期ニキビはそうだったのですが、大人ニキビの原因は、乾燥やストレスなんです。
だから、脂っこい食事がニキビの大きな原因にはならないのです。
間違ってしまいがちなのが、皮脂が原因だと思った女性の多くは、必要以上に洗顔をし、大切な角質を傷つけお肌を乾燥させてしまうこと。
乾燥させてしまうことで、さらにニキビができてしまうことがあります。
スキンケアも、皮脂を防ぐために、さっぱりしたものを使おうとしてしまうことがありますが、それもお肌を乾燥させてしまうことに。
スキンケアは、お肌にちゃんと浸透して、長い時間その潤いが持続するか、いつもお肌の状態を考えながら、きちんとスキンケアをして下さい。

ニキビはエステで治るのか?

近頃、ニキビに対応したエステも多くあります。 メニューで人気なピーリング。古い角質をしっかり落とすよう、ピーリング剤でお肌を研磨しマッサージするというもの。ハンドのコースから、機械でおこなうピーリングまで、ピーリングもたくさんあります。
ここで注意。機械で行うピーリングであっても、効果があるかというと、疑問なんです。

エステですからエステティシャンに医師免許はありません。
医師免許の無い人でも使えるエステの機械は、一般で使える出力内でしか施術できないのです。

そして、医師免許がないエステティシャンが、敏感肌を扱うというのは、一歩間違えると怖いことです。
エステにニキビを改善しにいくのであれば、病院で治療した方が、安心で安全、そして効果的でもあります。

敏感肌さん必見!口コミNO.1敏感肌化粧品とは?

ディセンシア「つつむ フェイスクリーム」

敏感肌さんが不足しがちな水分をしっかり補ってくれるのがディセンシアの「つつむ フェイスクリーム」。濃密なクリームを塗ることでバリア膜を作り、敏感なお肌を外部刺激から守りながらも徹底的に保湿をしてくれます。敏感肌さんの強い味方になるクリームです!

ディセンシア「つつむ フェイスクリーム」

ニキビ、乾燥などの悩み。なってしまったら憂鬱ですよね。いったいどうやって対処すればいいの?自分で治せる?自分でできるニキビの対処法や、ニキビの治療、ケア、エステの効果について調べました。

▲ページトップへ