肌トラブルに勝つ!
スキンケアの方法

1:よく寝ること、バランスのよい食事

寝不足していませんか?きちんと栄養をとれていますか?できなくてお肌が荒れてしまったってこと、よくありますよね。
生活が乱れるとそのままお肌にもてきめんに現れます。敏感肌でなくてもお肌に必要な事は、睡眠と栄養です。

ターンオーバーをきちんと行うためには、ゆっくり寝ることがとても大切。寝ている時はお肌の生まれ変わりの時間なのです。特に夜10時から2時のゴールデンタイムはしっかり眠っていたいもの。
ターンオーバーが正常になれば、お肌は丈夫に生まれ変わります。

また、食事も大切。お肌は栄養ででき上がるため、きちんとした食事はお肌をつくる上で重要になります。
栄養は体全体、そしてお肌を作り上げるのですから、いい栄養がいい肌をつくってくれます。

2:お手入れ、スキンケア

健康なお肌に大切なのは、清潔に保ち、保湿、保護を行う、この3ポイントです。
敏感肌はまず清潔にしておかなければ、外部からの刺激によりさらにお肌にトラブルをおこしてしまいます。お肌を改善するどころか悪化すると言う悪循環がおきてしまうのです。

だから、乾燥するからと洗顔しないのは逆効果です。
次に保湿です。お肌の表面にある角質が荒れると、お肌の水分は逃げてしまいます。乾燥がニキビの原因になるように、敏感なお肌はとにかく乾燥させないようにしましょう。

それから一番大切な保護です。
外部からの刺激からお肌を守りましょう。刺激から守るためには、バリア力があるスキンケアをきちんと使用することが重要です。しっかり守ることができれば水分もお肌にとどまり乾燥しなくなります。

3:ストレスをためない

お肌とストレス?直接関係しそうにないように見えますが、お肌はストレスに大きく影響されます。
ストレスによるトラブル肌、経験ありませんか?それはストレスで、ホルモンバランスが乱れてしまうことが原因です。ホルモンバランスを崩すと体自体が危険にさらされます。

その危険を知らせるのがお肌といってもよいでしょう。
原因がわからないけれど、お肌が敏感になっている場合には、ストレスが原因かも?
ストレスをしっかり発散させて、改善していきましょう。

例えば、買い物でも運動でも、カラオケでストレス発散!なんていうのもありますね。人それぞれしっかり発散させて楽しみましょう!
それから肌荒れ自体にストレスを感じてしまいがちなので、お肌のトラブル自体を深く考えないようにする事も大切です。

敏感肌さん必見!口コミNO.1敏感肌化粧品とは?

ディセンシア「つつむ フェイスクリーム」

敏感肌さんが不足しがちな水分をしっかり補ってくれるのがディセンシアの「つつむ フェイスクリーム」。濃密なクリームを塗ることでバリア膜を作り、敏感なお肌を外部刺激から守りながらも徹底的に保湿をしてくれます。敏感肌さんの強い味方になるクリームです!

ディセンシア「つつむ フェイスクリーム」

いろんな方法を試したけれど、本当にどうすればお肌は調子を取り戻せるの!?お肌ケアだけではないトラブルの原因も含めて、ストレス発散や睡眠、食事、スキンケアなど、今日から始められるスキンケアの方法はたくさんあります。

▲ページトップへ